土壌が弱ってしまう原因

土壌が弱ってしまう原因

ガーデニングや農作物の栽培が上手くいかない、連作障害を起こしているなど植物で悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。植物の育成が上手くいかないのは、土壌が弱っていることが原因かもしれません。

なぜ土壌が弱ってしまうのでしょうか。こちらでは、その原因についていくつかご紹介いたします。

しっかりと排水できていない

植物を育てるには太陽の光や水を十分に与える必要があります。しかし、きちんと水を与えていても排水が不十分では水が腐り、悪玉菌が増えてしまいます。悪玉菌が良い土壌を作るための善玉菌の邪魔をすることで、土壌が弱ってしまうのです。土壌を良い状態に保つためには水をしっかりと吸収させ、不必要なものは流せるよう排水管理を整えることがポイントです。

土壌の硬化

土壌の硬化

農作物を育てる際、トラクターなどの農業機械を利用することで、より多くの農作物を作れます。しかし、何度も使用していくうちに機械の重量やタイヤの圧力によって、土壌が硬くなってしまうことがあります。硬くなった土壌では農作物が上手く芽を出すことができず、収穫率の低下にも繋がりかねません。

特に根が伸びるところは硬くなりやすく、硬化によって酸素が行き渡らなくなってしまいます。酸素などの栄養素が不足すると土壌を弱めてしまうため、肥料土壌改良材などで元気な土壌を作る必要があります

土壌の生態系が崩れている

植物を同じ土壌で育てると、土の中で様々な種類のカビが増殖します。カビ類は繊維質を分解するため、土壌環境を整える上で必要不可欠な存在です。本来、カビは植物を直接攻撃・分解することはありません。しかし、土壌の生態系が乱れていると悪害をもたらすカビとなってしまいます。

例えば、既に植物が植えられている場所に弱った植物があるとカビが根を残渣と勘違いし、植物の成長を妨げてしまうこともあるのです。植物が上手く育たない、土壌が弱っているといった場合は土壌を変える、土壌改良材を使用することをおすすめします。

土壌改良材を販売している株式会社カクタニ

土壌改良材をお求めの方は、株式会社カクタニの通販をご利用ください。肥料や土壌改良材など、高品質な緑化資材・環境資材を販売しております。価格や商品に関する質問などもお気軽にお問い合わせください。

株式会社カクタニ /緑化資材・環境資材の販売 概要

会社名 株式会社カクタニ
住所 〒810-0029 福岡県福岡市中央区平尾浄水町7−7-301号 ガーデンヒルズ浄水1
電話番号 092-523-3681
FAX番号 092-523-3688
URL http://kakutani-web.com/
業務内容 緑化資材の販売/水質改善剤、消臭剤、醗酵促進剤、土壌改善剤、肥料、飼料添加剤の開発、製造及び販売並びに輸出入/緑化用樹木、観賞用植物の生産、販売並びに農産園芸品、種苗及び緑化樹木の栽培と売買/建設物の防菌工事、および防菌剤、消毒剤の販売/スポーツ施設用機械、部品の販売/公園・遊園地施設等の事業に関する企画・設計・販売・監理並びにそれらに関するコンサルタント業務/前各号に附帯又は関連する一切の事業/
説明 株式会社カクタニでは、通販で園芸用・工事用・駐車場用の緑化資材を販売しております。腐葉土などの土壌改良材やコンポストにも使用できる醗酵促進剤、水質浄化材(凝集材)など、緑化システムに役立つ製品が多数ございます。お問い合せやご相談は、電話・メールにて受付けております。製品情報や価格・お見積りなどお気軽にご連絡ください。

コラム